そう だれも 闘っていないのである

元ネタ:そう 誰も いないのである

『とても恐ろしい 集団心理である・・・』
鎮圧!!鎮圧はまだかーー!!!
なぜだー!!! 一体どうなってるんだーー!!!
鎮圧が!!遅すぎるぞォォーーーー!!!
早く・・・ 倒してくれ・・・ オレの部室が・・・
『なぜなら!!!もうお分かりだろう!!!』
『誰も・・・ 卓球台と闘っていないのである!!!』
早く!! 倒してくれーー!! 卓球台をー!! 誰かーー!!
『誰も!! 倒す人がいないのである!!』
おかしい・・・ これは 何かが おかしいぞ・・・ 「えっ??」
日本の卓球台は大変に優秀で、闘いを持ちかければ正々堂々応じるよう設定されている。
「え?? 本当に?」
うむ。卓球台は、決して不正をしないと言われる
そして負けた時は、動作を停止するよう、卓球台というものは、本当に綿密に!設計されているのだ!!
なのに、いまだに闘いすら始まらないとは・・・これは、絶対におかしい・・・。
何かが、あったに・・・ 違いない・・・
「一体 何が・・・」
『そう、もうお分かりだろう・・・』
『誰も!! 卓球台と闘っていないのである!!!』

むしゃくしゃして書きました。
卓球が好きな皆様ごめんなさい。

備考
謎軸のオリキャラ世界観とは関係ありません
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

謎軸

Author:謎軸
デュエマやってます。更新は不定期

プロフ画像はあしゃぎさんからいただきました。
リンクフリーです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスした方々
twitter
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR